民間の教育ローンの特徴

教育費は一体どれくらいかかるのでしょうか

民間の教育ローンの特徴 教育費は通う所によっても変わってきますが今回は公立の幼稚園、小学校に通った場合をみてみます。幼稚園などでは大体年間七十五万円の授業料がかかります。制服や教材費、遠足などの園外活動なども六万円ほどかかります。

また給食費はおやつなども含めて十八万くらいかかり、園外の活動などでも八万します。結局全部で二十三万かかり、三年だと七十万はかかります。小学生は基本的に授業料は無料です。しかし、その他の学校教育費や給食、学校外活動などであわせて三十万は年間かかります。六年間でざっと百八十五万円はかかります。

中学に入るとこれらのお金が、授業料はただでも、学校教育費や学校給食、学校外の活動などで年間四十五万くらいはかかります。三年にすると百三十五万はかかります。高校では三年間に百十六万かかり、大学になると金額がうなぎのぼりです。公立では五百十八万、私立では六百九十万はかかります。いきなり金額で一辺にみせられると焦ってしまいますが、これも毎日の積み重ねです。これだけかかると事前に把握しておけば準備もしやすくなると思われます。

おすすめ!



Copyright(c) 2019 民間の教育ローンの特徴 All Rights Reserved.